トークは当時の撮影の思い出など、盛り上がっています。

 

美川:火薬の演出はやはり恐かったですね。

土の中に埋めてあって、上に番号が書いてあって、

番号順に走っていかないといけないのは、本当に恐くて。

男性陣はあっという間に走っていってしまうから、必死ですよね。

あとは、美川といえば(第4話の)「3億年超獣出現!」の話が

一番思い出に残っているんですけど、思い出深いのが、

タイムマシーンのシーンが初めてのアクションシーンで

(第46話「タイムマシーンを乗り越えろ!」)、非常に苦労したのを覚えていますね。

実際に映っているのは1分か2分なんですけど、けっこう長い時間かけて撮影してましたね。

 

山中:タックパンサーをよく運転しましたね。

昼休みになるとその車で、制服のまま食事に行ったりすると、

店から出てくるともう子供がいっぱい集まっちゃってて、

ノートをちぎった紙なんかにサインしたりした思い出がありますね。

あと山中は二挺拳銃だったんで、走ったりするとおさまりが悪かったという思い出もありますね。

あと、山中隊員はいつも北斗隊員に怒鳴ったりしてたので、

なんだか本当に悪い奴なんじゃないか、なんていわれたりね。

山形勲さんがゲストで出た回で、北斗のかわりに「行くぞ!」って言うシーンがあって、

その回で急に当時のお子さんに、「山中は本当はいい人なんだ」なんて言われましたね(笑)。

 

  1. ★  せっかくなので、40年ぶりに、北斗隊員をどなっていただけますか?

 

北斗:みんな聞きたい? 俺、聞きたくないよー(笑)。

 

山中:北斗!!(場内、拍手)

 

北斗:あのね、本当は僕ら一番仲が良いんですよ(笑)。

 

南:ここに1冊の台本があります。『ウルトラマンA』28話の台本です。

40年前に私が実際に使っていた台本です。これは26話と27話の撮影中にいただきました。

新しい台本をもらうと、いつもわくわくしながら読むんです。

台本を読むと、夕子が月に帰って行ってしまったんですね。台本を読んだ時は、本当にびっくりしました。

でも、悔いの残らないように、思いっきり、一生懸命やろうと思ったんです。

それが28話のあの映像です。そして30数年たって、私を迎えにきてくれたのはあの当時、

『ウルトラマンA』を見て一緒に戦って、一緒に泣いてくれていたあのときの子供たちの声でした。

本当に嬉しかったです。

本当に感動しました。本当に、みなさまありがとうございます。

 

北斗:夕子の最終話のとき、「最後に声もかけなかったな」なんてことは少し後悔しています。

気遣いが足りなかったな、と思います。

でも、40年も経ってるのに、こうしてまた南隊員も一緒に、

みなさんの前にそろってお会いできて、本当にありがたく思いますね。

 

  1. ★  物語の中のストーリーはもちろんあるんだけど、舞台裏にもこんなストーリーがあったんですね。

 

北斗:ちょっとしんみりしちゃったしね、こんな時は、今野隊員! よろしく!

 

  1. ★  今野隊員、40年ぶりに南無阿弥陀仏やってくださいよ。

 

今野:えー(笑)。南無阿弥陀仏…(拍手)

これは岡山で最初にやったんですよ(第15話「夏の怪奇シリーズ 黒い蟹の呪い」)。

あと、あの頃は二枚目キャラでやってたんだけどなぁ。

 

北斗:誰が二枚目キャラなんだよ(笑)。

 

美川:あの頃よく石原裕次郎の物まねとかやってましたよね。ロケで一番遠くに行ったのは、岡山でしたかね。

 

佐野:そういえば、沼津に行った時(第20話「青春の星 ふたりの星」)だったかな。

向こうから絶世の美女が歩いてくるんですよ。それで道を聞かれて、

なんとなくわかったものだから説明したんですよ。そしたら先輩がやってきて、

「お前わかってたか?」なんて言うんですよ。

「何がですか?」って聞いたら、「あれは男だぞ」って言われちゃって。なんてこともありましたねぇ。

 

  1. ★  すみません。『ウルトラマンA』の話に戻ってきてください!(会場笑)

 私からご質問しましょう。私服のシーンの時が何度かありましたが、

 あれってみなさんご自身の私服だったりするんですか?

 

美川:そうですね。当時は撮影でほとんど隊員服を着てるので、

たまに私服のシーンがあると、このときだとばかりに自前の私服で勝負してましたね。

実は私の父がテーラーなので、あの時(第4話)もグリーンのあの衣装

は一晩で父に作ってもらったんですよ。

 

  1. ★  なるほど、あのグリーンの衣装はお父様の手作りだったんですね。

 さて、みなさんに、隊長についてお話を伺っていこうかと思います。

 

北斗:竜隊長は、今日も九州のほうで舞台をやられているようで、本当に頭が下がります。

でもね、当時毎晩のように飲んでいた僕に、

「役者なんだからそんなに飲んでいたら30歳過ぎたら太ってしまう」

といつも叱られていたんですけどね。

あれだけ節制していた隊長も、やはり太ってしまってるんですよ(笑)。

隊長、ダイエットもしてくださいー!

あとは美川隊員に任せます。

 

美川:どうゆうことですか!(笑)

けど隊長は今でも私のお店にたまに来てくださって、

その時はお店にファンの方もいらしたんですけど、

「西くんのお店を宜しく」なんて言ってくださって、本当に素敵な上司というか、

今でも隊長でいてくださるとても素晴らしいジェントルマンです。

私、この間舞台を見に行ったんですけど、それも素晴らしかったですよ。

 

今野:もう3年くらい会ってないんですけど、これからももっともっと舞台でも活躍していただきたいですね。

基本的に優しい隊長でしたよ。たまにきついときもありましたけどね。

これからもお元気でご活躍していただきたいです。

 

吉村:私は本当になにもわからずに始めたので、隊長というよりは、大先輩の役者さんという感じで、

前に出るのもおっかない感じもします。

あるとき、カメラが目の前まで来て私が笑うというシーンがあったんですけど、

緊張してできないんですよね。

そしたら隊長が来て一言、「腹筋で笑ってみな」って言ってくれたんですよ。

その時は意味がわからなかったんですけど、お陰でOKも出て、

その何気ない一言が気にかけていただいていたんだな、と思います。

そういうことが何度かありましたね。

 

山中:そうですね、『ウルトラマンA』が終わってからも隊長とは別の仕事で何度か会ってたんですけど、

それ以来なのでもう30数年(お会いしてない)ですよね。

現在も舞台をやられていてすごいな、と思いますね。

それでさっきも話がありましたが、隊長はああいう風貌でいかにもお酒を飲みそうなんですが、

隊長は次の日がオフの時しかお酒は飲まないんですよね。

だから隊長と飲んだ記憶がないので、この40周年を期に、

隊長と6人で飲む機会があったらいいなと思いますね。

 

南:今日は隊長にお目にかかれなくて、とっても残念です。

映像の中の隊長のままの方で、とてもおだやかで温かい方でしたね。

いつもニコニコとそばで笑ってらっしゃる方ですよ。

 

★ さて、ではお待ち兼ねの撮影会にしたいと思います。

 まずはみなさんに盛大な拍手を!ありがとうございました! 

 またどこかでみなさんでお揃いいただける機会を作りたいですね。

 本当に今日はありがとうございました。

 

 

サイン会も、大盛況でした!

ゲストのみなさま、ありがとうございました!