★   大門といえば、電人ザボーガーを機動するときの絶叫を、

    もう一度お願いできますでしょうか?

    37年ぶりに聞けるとはみんな思ってなかったんですよね。

 

古原 ピコ!電人ザボーガー!ゴー!!

 

(拍手)

 

緊張しすぎて、手をパーにしちゃってました(笑)

 

★   言わなかったらわからなかったのに!

    えーと、絶叫していただいたのには訳がありまして、

    なんと今日はもう一方ゲストがいらっしゃるんです。

    主歌を歌われました、高野二郎さんです!

 

(拍手)

 

    高野さん、宜しくお願いいたします。

 

 

高野  宜しくお願いします。

 

★   さあ、起動するだけじゃなく、ザボーガーを呼んでみようか?

 

 (拍手、ザボーガー登場)

 

    主題歌を歌っている高野さんが、ザボーガーが好きで好きで、

    ついに主題歌まで歌ってしまったというお話です。

    ところで、胸に何か入っていますが?

 

高野  はい、これは幼稚園のときに兄からもらった、当時のブルマァクのザボーガーです。

 

★   では、ザボーガーを動かすところ見てみようか?

    動くところ、見たいか?

 

(見たいー)

 

古原 ザボーガー、パンチだ!

 

   ザボーガー、ジャンプだ!

 

   ザボーガー、キックだ!

 

(拍手)

 

ザボーガー、突っ込みだ!(ザボーガー客席へ)

そこへ行くのか!?

キレのある動き、すごいでしょ?

 

 

 

★   あの突っ込みは劇場版にもなかったですね。

    さて、高野さん、そのザボーガーは思い出があってもってこられたんですよね?

 

高野  そうなんですよ。

まさにちょうどザボーガーがやってたころ自分は幼稚園生でした。

両親が、そろそろ二郎も大きいから

クリスマスプレゼントはもういいんじゃないか

という話をしてたらしいんですね。

それを聞いて兄が、弟がかわいそうだと

クリスマスイブに買ってきてくれたんですね。

けど弟はそんなの全然知りませんから、

「サンタさん今年は何くれたのかなー、

あれザボーガーだ、ウルトラマンって頼んでたのに」

って思ってたんですよね(笑)。

けどだんだんザボーガーの世界観にはまっていきまして、

今は廉価版のDVDも出てますけど、僕は高かったやつ買ってますからね。

そのDVD見て、涙しましたね。

劇場版も、ほんとに嬉しかったですね。

 

★   そういう思い出があって、どういういきさつで主題歌を歌うことになったんですか?

    また歌われた感想はいかがでしたか?

 

高野  ついに、ここまできたか、と思いましたね。

4年前から、特撮の歌だけを歌うデュエットをやってまして、

ザボーガー劇場版をやるとなったときに、

主題歌は高野君でとご指名いただいたんですよね。

今はオペラ歌手をやってますけど、

心の師匠は子門真人さんなんですよね。

ついに子門さんの歌を、自分の持ち歌にできるなんて、非常に嬉しいですね。

 

(つづく・・・)

 

 

2011年9月25日(日)科学技術館「SUPER FESTIVAL 57」にて