★  普通、変身ヒーローものは、ウルトラでもなんでも主人公が変身するけど、

   ザボーガーは二人で戦うじゃないですか。

   戦う主役として、アクションシーンがすごく多かったと思うんですが、いかがでしたか?

 

古原  そうなんです、空手の達人という設定でした(笑)!

空手なんてやったことなかったので、撮影の三ヶ月前から猛特訓しました。

アクターの方に教えて頂いたり、

三ヶ月前から鏡の前でずっと空手の型とかやってましたね。あとは飛竜三段蹴りですね。

 

★  きた!!

      あのポーズね、ちょっとポージングいってみようか?

 

(拍手)

 

★   これはぜひ劇場で再確認ですね!!みんな、見たいか?

 

古原 しょうがない、やってやるか(笑)

 

俺の必殺技だ!飛竜三段蹴りっ!!

 

(拍手)

 

 

 

★  ありがとうございます。

     劇場で切れ味をぜひ見ていただきたいですね。

     いやー、当時の感じ、絶叫してる感じ、オマージュしてますよね。

 

古原  ありがとうございます。

撮影ではテンション上げていかないとだめなので、恥は一切捨てました(笑)

 

★    アクションシーンでもう一つ伺いたいのは、なんといってもあのバイクですよね。

 

古原  そう、バイクの免許は持ってなかったんですよ、

 

僕!免許とって初めて乗ったバイクが

    マシーンザボーガーなんです!

 

(拍手)

 

いないでしょ、なかなか(笑)。

正直、左のほうが曲がりやすいんですよ、若干。

 

★    初めて乗るバイクがザボーガーで、またがってエンジンかけたとき、

      どんな気分でしたか?

      ザボーガー乗った人、あなただけですからね(笑)

 

古原 そうですねー、すごい貴重な体験ですからね。

このバイクに乗ることは今後ないんだろうとか考えながら、

撮影を一日一日大切に挑みましたね。

乗りたい人、ここにたくさんいると思いますし、

みんなを代表して僕が乗るわけですからね。

 

★    ここにいる人、みんなあのバイク乗りたいでしょうからね。

 

古原  乗ってると、見てる人が「え?」って顔で見てました。

顔が付いてて足がピーンとしてますから、びっくりしてましたね。(つづく・・・)

 

 

2011年9月25日(日)科学技術館「SUPER FESTIVAL 57」にて