★ 10月15日、電人ザボーガー劇場映画公開されますが、

今日はそれに先駆けたイベントです。

37年ぶりに復活、超パワーアップして帰ってきます!

迫力の大スクリーンでぜひ劇場でご覧下さい!

さあみんな、

   信じるものはあるか、守るべきものはあるか、共に戦う同士はいるか、

これは現代に生きるみんな自信の物語です。

 

主役を演じる、大門豊こと、古原靖久さんです!

 

 

古原 : どうもみなさん、こんにちは!今日は宜しくお願いいたします!(拍手)

 

★  大門豊だ!かっこいいですね!!劇場と同じ格好だ!

 

古原 電人ザボーガー!ゴー!(拍手)

 

★  そうこなくっちゃ!今日は盛り上がって行きましょう!

会場の熱気には負けないぞ!

いやー、まさかこの格好で来てくれるとは思わなかったですね。

 

古原 : いやいや、どこへでも駆けつけますよ。

 

★  さすがですねー。

 ところで37年ぶりに復活した電人ザボーガーですが、

 最初今回のお話があったとき、正直ザボーガーって知ってました?

 

古原 : えー、、、知らなかったです、もちろん。

この仕事が来たときはまず作品を見てみようと思い、見ました!

ものすごくシュールな作品だなと思いました(笑)

 

★  シュールときましたか。

 

古原 : こんな作品があるのかと、すごい作品だなと。

プレッシャーでもありましたね。

あの大門豊を僕が演じるなんて・・・実際にはいないような人ですからね。

毎日DVDを見て勉強しました。

もちろんファンもついている作品ですし、原作の雰囲気を壊したくないなと思ってましたね。

さらにプレッシャーだったのがね、僕の25年後が板尾さんなんです。

全然似ても似つかないし、どうしよう、という。(笑)

 

★  そして25年後の板尾さんを盛り上げようとすればするほど、

 大門豊はアツくないといけなかったですよね。

 

古原  そうなんですよ。

やっぱり25年後の板尾さん演じる大門と、

現役だった大門との25年の時間を引き立てるためにも

僕がアツく演じなければならなくてね。

精一杯がんばりました!

 

★  撮影現場で、古原さんと板尾さんお二人で、青年期と熟年期とを演じ分けて、

「お互いこうしようね」とかシンクロするようなところは打ち合わせたりしたんですか?

 

古原  はい!

見た目というか服装とか格好は同じですし、

同一人物ということで板尾さんが僕と同じところに

ほくろもつけてくれました。

あとは癖とか、構えとかを共通にしようと話し合いました。

敵を倒した後はこういう構えでいこう、とか。

 

★  ちなみに板尾さんはザボーガー知ってました?

 

古原  ご存知だったみたいです。

大好きだったとおっしゃってました。

ザボーガーへの愛は半端なくて、

テレビで見る板尾さんとは違っていて、演技の話になるととてもアツくて。

この演技はどうゆう感じでいくの?

とかいろいろお話させて頂いたりしましたね。

手はどういう感じで、とかポーズはどうしようか、とか。(つづく・・・)

 

2011年9月25日(日)科学技術館「SUPER FESTIVAL 57」にて