前回に引き続き、トークは撮影時の危険なエピソードについて。

それにしても、ヒーローって大変です…。

 

 

★他にも、記憶に残るエピソードはありますか?

 

高杉 檻に入った状態で水中に沈められて、

「30秒で上げますから、全部呼吸を吐ききって、待ってて下さい」、って

言われたんですね。

そしたら30秒で上がらなかったんですよ(笑)

当時は手でワイヤーを巻いて上げてましたから、上がんなくて。

まぁ汚い水は飲むは溺れそうになるわ…。

その時僕は、生まれて初めて、監督に「バカヤロー」って叫んで。

手錠とかを外して、檻から出てから、監督を追っかけたことがあるんですよ。

 

★ 殺す気かみたいなことですよね(笑)

 

高杉 で、その後、その監督にパーティーでお会いしまして、

あの時は申し訳ないことをしたなぁって言われました(笑)

でも、過ぎた事ですから、

「良い作品に出させて頂いてありがとうございました」ってことで

終わりましたけども。

 

★ どの人からも、体の怪我についての心配なんかを大体聞くんですけど、

命は危ないわ、社会的にどうなのか際どい事をやられてたんですね

 

高杉 そうですね。100人組み手ってご存知ですか?2話の。

あれも本当に100人きたんですよ(笑)

 

★ えぇっ??

 

高杉 流石にね、山田監督に、馬鹿じゃねーのって思いました(笑)

でも、いや今回は本当に100人でやりたいんだと。

で、俳優さんは100人いないんですよ。

だから60人は、国士舘と日大の空手部ですよ

 

★ マジ物が来たわけですね。

 

高杉 そのマジ物と、一日中組み手やってましたよ。

 

★ 撮影だけでも大変なのに、身体がもたないような気がしますね。

 

高杉 あの100人組み手だけは、この1年間もつのかって思いましたね。

 

★ 思いますよね。

 

高杉 はい。

あくる日、歯ブラシも動かせなくて、顔を動かして歯を磨いたり(笑)

腕は痛い、内股は痛い、もう最悪の状況で、また道場のシーンに行きました。

まぁ、今思えば楽しい話です。

 

★ 例えばカットを変えて、最初10人くらい撮って、

残りの10人は待っててもらって、3時間くらい経った、とか出来るのに、

本当に用意したんですもんね。

 

高杉 そうなんですよ、全員顔違ってますからね。

 

★ でも、テレビで見たら、本当に100人いたかなんて分からないですよね(笑)

 

高杉 そうなんですよね。

しかも、最初の方に出てきた法衣の方は完璧に拳法をやってらっしゃって、

お互い役に入りきってしまって、僕は相手の歯を折りましたし、

向こうからは肋骨をやられました。2話でそれですからね(笑)

 

★ これまで、歴代のライダーからお話を聞いてきましたけど、

    こんなに凄い話は聞いたことがないかもしれません。

 

高杉 よく、スーパー1の1話・2話を見た人から、

これは仮面ライダーじゃなくて空手映画じゃないですかって言われます。

 

高杉さんの壮絶な体験に、会場も大いに盛り上がる。

現在も、様々な体験をしていらっしゃるようで…

 

 

★ 最近のご活躍の中では、中国山東省の烟台市に行かれたそうですね。

今、YOUTUBEでも見られるというお話も伺いました。

 

高杉 中国山東省に、日本人のヒーローの中で初めて呼ばれまして。

 

★ ちなみに何をやったんでしたっけ

 

高杉 昭和ライダーの曲を全部歌ってきました。

 

★ 中国の方、仮面ライダーを知ってました?

 

高杉 はっきり申しまして、知りません。

知ってるかなって思ったら、香港だけなんですよね。

香港、タイ、マレーシアの方は知ってるんそうなんですよ。

 

★ 限られてるんですね。

 

高杉 中国は、どこのデパートに行っても、おもちゃ売場に行っても、

ウルトラマンはあるんです。

でも、仮面ライダーのコーナーは皆無!…ショックでした。

そこに乗り込んで、中国人のお客さん8,000人の前で

ライダーの曲を歌うわけです。

 

★ は、8,000人もいらしたんですか?!

 

高杉 監督は北京オリンピックの方、スタッフもテレビ局の方で、

お客さんも中国人でしょ。

そこで、日本語の仮面ライダーを歌って出てくるわけですから、

もう心臓が口からでそうでした

 

★ 分かる気がします。思いっきりアウェイな感じですね。

 

高杉 しかも、カメラが2台動くから動くなと。

古い時代の、日本の撮影技法と同じで、カメラが追っかけてくる。

あんな大舞台でそれだと、格好がつかないんですよ。

で、僕も、二度と中国呼ばれなくていいやという覚悟で、

アマゾンのところからアマゾンのポーズやったら、

お客さんのペンライトが動き始めたんですよ。

 

★ おぉ!心が伝わりましたね

 

高杉 これは動こうと。

それでアマゾンから色々ポーズをとって、

スカイから全部、変身ポーズもやって、

そしたらお客さんが全員ペンライトを動かしててくれて。

スーパー1、ブラック…とすごい声援ですよ。

監督も終わったら下手で待ってまして、歓待してくれました。

 

★ そのスーパー1が今年30周年を迎えるということで、

スーパー1ライブ、とうとう10月16日に行なうそうじゃないですか。

 

高杉 10月16日に高円寺のスタジオKというところでやります。

スーパー1の主題歌・挿入歌を全曲、

それから今言いました中国でのメドレーを生バンドで歌います。

 

★ 楽しみですねー!

 

高杉 行ってもいいかなーって人!(会場に挙手を求める)

…少ないなー。

もう、「ブルーバージョン!」って言って帰っちゃおうかなー(笑)

 

★ いやいや!みんなブルーになっちゃいますから!(笑)

 

ライブも乞うご期待!の高杉さん。

次回はなんとスペシャルゲストが…?

Vol.3もお楽しみに!!