高杉俊介

 

愛知県出身

1980年、仮面ライダースーパー1において、主役の沖一也を演じる。

陸上自衛隊レンジャーとしての経験を活かしたアクションで人気を博す。

また、同番組の主題歌でゴールデンディスク賞・ヒット賞を受賞し、歌手としても活躍。

 

 

主題歌「仮面ライダースーパー1」、挿入歌「火を噴けライダー拳」を

2曲続けて歌いながらステージに登場した高杉さん。

トークショーでは、驚くような裏話をたくさんお話して下さいました。

 

 

★ 高杉俊介さんです!

改めてご紹介します、みんなのスーパー1だ!!

高杉 えーこんにちは 仮面ライダースーパー1の沖一也です

 

★ いやー、年とってないですね。

高杉 とりましたよ~(笑) もう今年で30周年ですからね。

 

★ 30周年ですよね?30年間全然時が止まっているように見えます。

高杉 いえいえ、ずーっと進んでましたよ。

 

★ いやーお若いです。まだライダーやれるんじゃないかって思うぐらいです。

高杉 あー、それは、やりたいですね。

 

当時と変わらない笑顔の高杉さん。

まずは、スーパー1になる前のお話から伺ってみた。

 

★ 毎回歴代ライダーの方に伺ってるんですけれども、

どのような経緯でライダーになったか、

また、決まった時の気持ちを聞かせて下さい。

高杉 決まった経緯は、僕はオーディションでしたね。

今も活躍されてる渡辺裕之さんとか菅田俊さんとか、

その中に混じってオーディションを受けまして、

最後の20人くらいになった時に、これはもう頑張らなきゃ、と。

10人になったときは、絶対自分がなるという意思で臨みました。

決まった時は、信じられなかったです。

あくる日、東映で記者会見があって、

新聞に、「9代目仮面ライダーは元自衛隊レンジャー」という記事が載って。

それを見て初めて、あ、僕なんだ、と。

 

★ あれ?事前に連絡が来たんじゃないんですか?

高杉 記者会見もやったんですけど、自分の中では実感がわかなかったですね。

 

★ 地に足がついてなくて。

高杉 はい 新聞に写真が載って、文字を見て初めて、あ、僕なんだ、って思いましたね。

 

★ その当時、仮面ライダーのことはご存知だったんですか?

高杉 申し訳ないんですが、知らなかったんです。

仮面ライダーのオーディションに来ないかっていわれた時に、

「僕はもう、そういう仮面をつけたスタントとかはやりませんので」、って

1回断ったんですよ。

東映の事業部の人から主役だぞって言われたんですけど、

僕はその主役を仮面を付けた役だと思ってたわけです

 

★ あぁ、つまりライダーの中身だと思ってたんですか?

高杉 そうです。

それでちょうど僕は「野性の証明」から帰ってきて

バタバタしてる最中だったんですけど、東映に来いと言われて、

行きましたら台本を見せられて、そこで初めて沖一也っていうのを聞いて。

 

 

★ 役名も知ったと。

高杉 で、「あ、変身するんだぁ」ってなったんですよ。

何故かって言うと、ちょうど仮面ライダーがブームの時に自衛隊に入隊して、

レンジャー隊員として6年間活躍してましたので、

番組自体まったく知らなかったんです。

 

★ はー、訓練に励んでいたからってことですね。

 歴代ライダー中、最も、ある意味本場で鍛え抜かれた男だってことですよね。

高杉 そういう戦闘訓練では鍛え抜かれていましたけども、

トランポリン飛んだりとか、高いとこから飛び降りたりとか、

アクションやったりとかってなると、別物ですからね。

 

★ まぁ、ないですよね、自衛隊の訓練では…(笑)

高杉 だからトランポリン飛べますよねって言われた時、

飛べませんっていうの悔しいから、「はい」って言ってから

トレーニングに行きました。

 

★ そこから始まったんですねー。

高杉 他にも、「バイクでスタントなんかできないだろ」って言われて、

「いえ大丈夫です」って言って、それから全部、スタントの人に聞いて、

ジャンプも教えてもらいました。

自分から、出来ないくせに「大丈夫です」って言ってましたね

 

スーパー1の沖一也といえば、スタントを殆ど使わずに撮影したのが有名だ。

そこで、撮影時の思い出深いエピソードを話して頂いた。

 

★ やっぱり自衛隊で鍛え抜かれた心があったからですかね。

ということは、いくつかの危険なシーンというのはスタントなしで、

自ら演じたわけですか?

高杉 はい 例えば何話かで、子供を助けるために、

踏み切りの中に飛び込むシーンがあるんですよ。

今でこそCGとかクロマキーってあるんですけど、本物の踏み切りです。

西武線のある踏み切りに行きまして、

「ちょっといい?あと1分40秒程で電車が来るから」って言われて。

 

★ 本当にやるのか!(笑)

高杉 で、「踏み切りが落ちてきたら飛び込んでください」って言われて、

「は?…え?」って言っていたんですけど、もう踏切が落ちてきていて、

「よーいスタート」って声がかかって、カメラ回るじゃないですか。

もう、本当に役者ってバカですよね、

その時、何も考えないで「とうっ」って踏み切りの遮断機を飛び込えて、

前転して向こうに行く時に電車見えましたからね。今じゃありえないでしょ。

 

★ それ、スタッフが馬鹿だと思うんですけど(笑)

西武線的にはすごく迷惑ですから。

高杉 本当に、大変なことをしてましたね(笑)

 

★ 今なら間違いなく大変なことになったんで(笑)

高杉 去年かな、平山プロデューサーにこの事をお話ししたら、

「今なら僕は逮捕だね」って言ってましたけどね。

 

★ もちろんですよ。しかも損害賠償とかも取られるかもしれない。

高杉 そうですよね。

でも僕は、「仮面ライダーって皆さんこんな危険なことしてるんだ」って

当時は思ってましたね。

 

危険な撮影の話はまだまだ続く?!

Vol.2をお楽しみに…!